メインイメージ画像

日本のアイフォン所持率は約60%

人気が高い中古携帯の機種は、やはりi-phone関係でしょうか。世界では、Androidスマートフォンのシェアが約50%以上に達しているのですが、日本国内では、i-phoneの所持率が約60%を獲得しており、画面が大きくなった新機種が爆発的に売れると思います。しかし、便利な人気機種とはいえ、機種代金は8万円と高額です。初期費用実質○○円と話してきても、機種代金は変化がないのです。そこで中古携帯が有るのです。機種により違いが出ますが、どんな携帯も新型発売時に価値は下がっていきます。

しかし、i-phoneの人気機種は値崩れしません。新機種を買うか、型落ちを安く買うのか。良い買い物になる様に考慮しましょう。

中古携帯を買う際、保障関係の気を付ける点を説明いたします。中古携帯は、一部分の新品、中古品、例外品を除き、大抵は保障は出来ないと考えて良いでしょう。なぜならば、中古携帯になって販売している時点でショップからの保障制度は受けられず、メーカーの保障のみになっています。

加えて、ネットで保障が行われても、まともに修復して手元に戻って来るとは考えにくいです。携帯電話は、精密機械の集まりです。一般的なお店では、まず直せません。保障を除外して手に入れるならば、前に使ったことがある人の情報を調査し、故障したことが少ない機種に絞るのも有効です。あるいは、比較的安価な携帯を手に入れて、データのバックアップを頻繁に行い、壊れても換えが効く機種を選ぶのも良いでしょう。意外と故障しにくい機種も有りますので、選択して買いましょう。